ソリューションを完成させる技術
      全世界の数多くの革新のアイデアを
実現可能にしてくれます。

電池/燃料電池

大型蓄電器
大型蓄電器は加速及び制動から出るピーク電圧を活用して、電池及び燃料電池の寿命を増やすことで電気移動性を大きく向上させることに役に立ちます。電池よりエネルギーをより早く放出し、吸収する能力は大型蓄電器のエネルギー密度が、もっと高いということを意味します。

Alloy foamは大型蓄電器の集電装置として使うことができます。炭素をフィルムに適用する伝統的な方法と比べると、活性物質のモリブデンと窒化バナジウムをフォームに統合することで、伝統的な炭素基盤のソルューションより2~3倍高いエネルギー密度を得られます。

ニッケル-メタルハイドライド電池用のニッケルイオンフォーム
伝導性Alloy foamは電気自動車及びハイブリッドカーのような最先端装備に利用されるニッケル-メタルハイドライド(NiMH)電池の陰極に多く使われます。

特殊な焼結工程でエネルギー保存に適合した黒鉛や他の粉末物質のコーティングを開放型気孔構造物に適用することで、ニッケル-Alloy foamはエネルギー密度を大きく増加させることができます。ニッケル-Alloy foamの高性能と、どのような仕様であってもほとんど全ての形に合わせて生産できる能力が合体されて、制限されたスペースの活用性を最適化します。

燃料電池
燃料電池はもはや未来の夢ではありません。既に私達の周辺の数多くの応用分野において多く使われています。Alloy foam構造、伝導性、耐熱性及び耐食性は、次のような3つの特別な方法を通じて、燃料電池をより良く作ることに役立ちます。

  • スタック内の気体分散層としてAlloy foamは熱の配分、気体の流れ及び伝導性を向上させる。
  • リフォーマー内で、水素の生成に使われる触媒反応コーティングをかけた基板として。
  • • 白金、またはパラジウムのコーティングをかけた触媒反応バーナー材質として。バーナーは燃料電池排気ガスを利用して技術ガスを再加熱する。

結果的には、より高いエネルギー変換率と、より長い寿命を持つ燃料電池が実現できます。それは製造業界のみならず、最終消費者や環境にも望ましい変化です。

アランタム社のソルューションを御社の必要に応じて適用する方法についてさらに詳しく知りたい方は、弊社へご連絡下さい。