未来のための触媒技術
      Alloy foamは小型反応器の性能と
大型反応器の生産性を高めてくれます。

画期的な技術

触媒製造技術は平準化されていますので、追加向上があるとしても
漸進的であるでしょうし、あるいはその変化が少ない可能性が高いです。

しかしアランタム社のAlloy foamは画期的な転機を提供します。フォームの微細構造によって可能になる大型液体-固体インタフェースによって具現される流動混合は、物質及び熱伝達を10倍以上大幅に向上してくれます。

微細規模の適正孔隙率及び中間規模の適正部品形状と大きさを備えたAlloy foamに内在されている属性は、次のような事項を実現してくれます。

  • 均一なセルの配列と大きさ
  • 広い表面積
  • 1000 ºCに達する高い熱抵抗
  • 耐食性
  • デザインの融通性
  • 淀みのない気孔構造
  • 高い透過性
  • 触媒的にコーティング可能
  • 軽量(最大気孔率90%)
  • 機械的耐久性
  • 電気伝導性

これら全ての特性は簡単な設計、エネルギー効率、熱管理向上、熱点減少、寿命延長、温室効果ガス排出の低減を可能にして、究極的には生産性を桁外れに高めてくれます。