未来のための触媒技術
      Alloy foamは小型反応器の性能と
大型反応器の生産性を高めてくれます。

多様な適用範囲

世界最高会社のポリウレタンフォームを使っているアランタム社は、粉末冶金工程の均一な合金成分を保障しています。一定の機械的・化学的安全性、ウォッシュコーティングとの互換性、予測可能な圧力減少、そしてどのような条件でも制限なく適用できます。

  • 微細水準 : 合金成分、気孔の大きさ、ストラッツの厚さ及び表面の粗さ(粗度)などの調節を通じて、どのような条件でも適用できるフォームを生産することができます。
  • 中間水準 : アランタム社の粉末焼結技術はペレットの形に切れたり、成型されるフォームシートやブロックを生産します。これは圧力下落減少及び物質と熱伝導の向上を可能にするため、簡単にセラミックスの代わりにもなります。
  • 反応器水準 : 平形または形状、波形及び巻いた形などのフォームシートを利用して多様な形状やサイズの形態も作ることができるので、多様な固定底面式反応器の容器にも適した製作が可能です。

Alloy foamの特性については、金属と比べてみても良いです。Alloy foamは様々な構成や仕様にも適用できるように、製造、鋳型、切断及び成形できる金属の属性を持っているためです。

次の特性をご参考下さい。

  • 空隙率 > 80 - 95%
  • 気孔のサイズ 450 - 3000µm
  • 密度 g/cm³ > 0.35
  • 厚さ 1.6 - 6 mm
  • 合金Inconel® 方式、Monel®、ニッケル-アルミニウム-クロム、 ニッケル-鉄-アルミニウム-クロム、ニッケル-クロム-アルミニウム、ステンレス鋼